NCSwitch 4
〜IPアドレス、プロキシ設定を自動で切り替え〜

Windowsノートパソコンやタブレットは、携帯性に優れる一方で、使う場所が変わる度にIPアドレス・プロキシサーバー・通常使うプリンタなどのLAN設定の変更を強いられる面倒があります。

NCSwitchを使えば、イーサネットケーブルの差し込み(有線LAN)やWi-Fi受信(無線LAN)と連動して、ネットワーク接続に必要なこれら設定をまとめて切換えられます。 手動でNCSwitchを起動する必要がないので、設定忘れの心配もありません。

面倒な設定はNCSwitchに任せて、やりたい事に集中しましょう!

導入事例 日常業務の生産性アップに成功したお客様の声です! (50音順)

切り替えできるWindows設定

ネットワークインタフェース

ネットワークアダプターの状態, ワイヤレス接続, IPアドレス, デフォルトゲートウェイなどの各種TCP/IP設定を切り替え(IPv4、IPv6の両方をサポート)

インターネットオプション

LAN設定(プロキシサーバー, ダイヤルアップ/VPNの設定), Internet Explorerのホームページを切り替え

リモートアシスタンス

コンピューターのトラブル発生時に、リモートアシスタンスによる支援を依頼

既定のプログラム

Windowsが特定の種類のファイル(画像やウェブページ)を開くときに使う、既定のプログラム設定を切換え

ネットワークドライブ

ネットワーク上の場所をローカルドライブとして割り当てている、ネットワークドライブを切換え

通常使うプリンター

通常使うプリンターを切換え (プリンタ固有の設定情報(デフォルトの用紙サイズなど)は対象外)

デスクトップ

壁紙 (画像ファイル,配置方法), スクリーンセーバー (ファイル, 待ち時間)を切り替え

デスクトップのテーマ

背景、ウィンドウ色、音声、スクリーンセーバーを構成するデスクトップテーマを切り替え

電源プラン

使用する電源プランを切り替え('バランス'、'省電力'など)

音量

全てのオーディオデバイスの全てのチャンネルの音量設定を切り替え

ドメイン/ワークグループ

コンピュータ名, ドメイン/ワークグループ設定を切換え (再起動が必要)

Hosts / Lmhosts

hostsファイル / lmhostsファイルの内容を切換え
(%SystemRoot%\system32\drivers\etc)

Windows ファイアウォール

Windowsファイアウォール設定を切換え (ファイアウォールの有効/無効、除外するインタフェース、規則の有効/無効)

タイムゾーン

タイムゾーンを切り替え('太平洋標準時'、'東京'など)

FireFox - ネットワーク設定

Firefox のホームページ、プロキシ設定を切り替え

ThunderBird - ネットワーク設定

Thunderbird のデフォルトアカウント、プロキシ設定を切り替え

Outlook - 既定のプロファイル

Outlookの既定のプロファイルを切換え

Windows Live メール - 既定のアカウント

Windows Live メールの既定のアカウントを切換え

アプリケーション

切り替え完了後に、指定されたアプリケーションを起動

共有フォルダ

共有フォルダ, 共有プリンタを切り替え

使い方 カンタン!

Step1: 現在のPC設定を保存します(下準備)

使う場所に合わせて手作業でIPアドレスなどの各種PC設定を行います。その後、NCSwitch4を起動してPC設定を保存します。

Step2: PC設定を切り替えます

場所を移動すると、NCSwitchはネットワーク環境の変化を自動的に検出して、保存済みのPC設定に切り替えます。(デスクトップからショートカットを起動して、手動で切り替えることも可能)

詳しい使い方は、マニュアルをご確認ください。

もっと詳しく..

企業向けコンサルティング

イントラネットを安全に運用する為には、接続するすべてのPCが、ネットワーク管理者の意図どおりのセキュアな設定になっている必要があります。 しかし... (続きを読む